信長の野望創造 PK 信長包囲網 北条 超級 合戦なし

創造PKの信長包囲網 超級は難しい。難しいのは兵農分離がひどすぎるからだ。だが、合戦を使うと別に難しくなくなる。そのかわり、インチキ感が強すぎて全然面白くない。合戦前提だと、本多忠勝さえ手に入れれば勝てる。トンボ切りって技使うと10倍の敵も倒せるわけで、ゲームバラス崩壊という意味で合戦という仕組み自体を使う気が起きない。というわけで、北条、上級、合戦なしを攻略してみる。

・改修の方針

昔やった時は、一律御殿まで作って終わっていたが、連立天守などにすると兵が強くなるし、補給した部隊も補正が付いて強くなるのを知った。すべての本城の天守を最高のものにして、門を枡形門までにした。

・序盤
夫役強化をまず実行。すべてはこれから。里見、佐竹を滅ぼすまで。上杉とは短期間同盟を結んで、佐竹戦で邪魔されないようにする。それだけ。合戦なしだと城が落ちるまでに時間がかかりすぎるが仕方が無い。その後上杉を関東から追い出す。

・中盤
上杉を関東から追い出すのに成功した後、武田との停戦期限が一年ほどあるが何をやるか迷うところ。北陸を攻めても、遠すぎてどれだけ効果があるかわからない。軍団AIの頭が悪いので無駄な時間になる可能性もある。東北を攻めるのも同様。それよりも、停戦期限後には織田が来る前に全力で武田を潰して国力と人材を得たい。というわけで、あまった期間は米を溜めることも含めて内政中心に。これは多分ダメだったんじゃないだろうか。でも正解はわからない。

武田、上杉の順に滅ぼし、結城なども滅ぼす。ここで織田と同盟を結んで、武田上杉戦後の休憩を入れた。ついでに三河まで手に入れる。

・終盤
結論から言うと心が折れた。織田が兵農分離をやってきた後、みるみる総兵力が増えていって100万程度になった。こちらは侵攻→停戦を繰り返して、那古屋、清洲、飛騨全域、信濃全域、苗木まで取ったのだが、その後もひたすら数で押してくる。停戦期限を迎えると必ず清洲まで攻めてきて、勿論軍団では対処不能。清洲方面で敵を迎撃しつつ、他の地域で勝利して城を一つ一つ取っていったが、こちらの疲弊がひどいし、そもそもゲームとして楽しくない。うんざりしてきたのでやめた。


・結論
関東制覇までは良かったと思われる。その後、自軍の強化のために武田・上杉と攻略したのがダメだったのかもしれない。武田とは同盟、上杉は山を越えて攻めてくるわけじゃないので放置、こちらは飛び地で徳川を滅ぼすか東北の黒川小高の二つを落とすことで補充するという方針が良いのかも。そのうち挑戦するか。

岩村城 2018/4/30

本日三連投。GWはかなり走った。700キロやそこらは走っていると思う。

さて、岩村城。前回および前々回は、それぞれ寒さと暑さのため敗北を強いられた。今回はどちらも無いので安心だ。今回はひたすら363号を走って行ったので迷いようがなかった。三度目の正直、目的地へは着けたのだろうか?続きを読む

師崎 2018/4/27

前回行ったのは丁度二年前くらいか。今回で5回目。

一足先に連休を取って出かけた。何か買ってくるのが目的なので最初から輪行するつもりだった。知多半島を外側から回りこんで、河和駅から帰るプラン。100キロ程度なので、途中ホイールの性能を確かめるべく、一生懸命こいだ。平地で40キロが楽に出るというのは気持ちが良い。

で、毎度のこと東海の自動車専用道路のあたりでいろいろ混乱。
IMG_20180427_123418
奥に見えるのが自動車専用道路。よくわからない行き止まりに追いやられて、自転車かついで土手を上がったりしてた。聚楽園駅を通ればよかったんだけど完全に忘れていて、ここからすぐ舞浜海岸への道があると思い込んでいた。

IMG_20180427_140156
南知多で坂井海岸の方面へ出る。なるべく先に海に行きたかったので師崎最短コースは取らず。ロードで走るのは砂が多すぎるし道自体破損が大きい悪路なのだが、たらたら走った。写真の位置で寝転がって休憩。

IMG_20180427_140724
寝転んだ場所の左側を見るとに何か見たことのある草が生えていたが、何かわからず。

IMG_20180427_141646
適当に進んで行き路地を抜けてると、やしの木がある場所に。かなり背が高いので気に入った。海に出てからはけっこう風が冷たく、寒かった。半そでで行ったのはマチガイだったかもしれない。

この後は野間灯台へは寄らず、豊浜市場へ。かご一杯のミミイカ(500円)、コノワタのビン(1500円)、トリガイを煮たやつ(500円)を買った。ミミイカは大量の氷と一緒に詰められていて、リュックに入れると背中が冷たくて辛い。師崎に寄らずに河和まで直行したのはこのためだ。あれ?タイトルには師崎って書いてるけど師崎行って無いじゃないか。まぁええわ。

IMG_20180427_163104
河和から乗って乗り換え中にトリ貝を食べる。もちろんビールも買ってある。最初はパック一杯に入っていた。大きくので食べ応えアリ。、内臓がそのまま入っており、味が濃くて旨いのだが、かなりの確率で砂が混じっていたのが残念だ。

IMG_20180427_164618
クズモード全開。ビール二本と日本酒を空けて帰った。帰宅後食べたミミイカは、思ったほど歯ごたえが無く残念だった。

走行距離は確か104キロ。平均23くらいで走ったと思う。途中ホイールが軽いことをいいことに調子に乗ったらすごくバテた。あと、給水がちゃんと出来ていなかったので翌日まで渇きに悩むことになる。早め早めの給水は大事だな。

伊良湖岬2018/5/6

毎度おなじみ(略)ロングライドの記録。GW最終日なのでさすがに空いているだろうと思ったが、そんなこと無かったぜ。以前行ったときは蒲郡まで輪行したのだが、今回は自宅から。往復するかどうか迷ったが200キロをゆうに超えるのでやめた。もう修行はしないことにしたから。経路だけど田原市までは書くこと無し。岡崎から国道一号に乗って、豊橋からも一本道。

IMG_20180506_122656
道の駅めっくんハウスだっけ?そんな名前の場所。何か買おうと思ったけどレジが異様に混んでいたので断念した。田原ポークジャンボフランクとか書いてあったけど、田原だけにビッグフランクの方がいいのではないか?あれ、ビッグは近藤の方だっけ。詳しくない。ここで思ったのはこのまま進むと左側通行時に海に近い側を走れない。行きも帰りも。というわけで、渥美半島の外周側の道へ行くことにした。めっくん手前の信号を左折
続きを読む

修行からレジャーへの転換~キシリウム エリート(ksyrium elite) USTレビュー

鉄下駄暦とロードバイク暦が同じというどこかの彼女居ない暦みたいだ。今まで鉄下駄から変えなかったのは、ホイールを換えることでそれほど大きく変ると信じられなかったからだ。全国100万鉄下駄少年少女のためにレビューしなければなるまい。鉄下駄から変えて変ったことに重点を置こう

1.のり心地
これはホイールというより、チューブレスタイヤであることが大きい。最初付属のタイヤの空気圧が5Bar~7Barと書いてあって驚いた。こんな低い空気圧で乗れるのか。最初はMAXの7Barにしていたが、次第に落として行き今は6Barあたりが好みだ。乗り心地が良いと何が良いかだが、平地を走るのが楽になるし、なにより下りが怖くない。クリンチャー時代は何かあるたびに跳ねるような感触が怖くて必要以上にスピードを絞っていた。

2.漕ぎ出し
漕ぎ出しが軽いと皆書いているが、僕はそれほど感じなかった。最初に乗ったときも漕ぎ出しに期待していただけにがっかりしたのを覚えている。でも、皆そういっているから僕がおかしいのかもしれないね。

3.登攀力
坂道に強くなりたいので買ったというのが動機だったので、本来の目的はこれ。だから、ホイールの重さを一番気にしていた。筋肉痛を残したくないので坂を最近ゆっくり上がるので当然よく追い抜かれるが、鉄下駄時代はがんばっても追いつけない。キシリウムに換えた後は、追い抜かれた後試しについて行ってみると結構余裕で追い越せそうな感じだ。でも、別に軽くなったからとは思えない。結局このホイールの真価はなんなのか?

4.修行からレジャーへの転換
2,3の漕ぎ出しや軽さ故の登攀力は調べていたので、それが売りだと思っていた。だが、結局このホイールの真価は「鉄下駄より少ないケイデンスでも進む」という点だと思う。だから、どういう状況ではなく、総合的に楽なわけだ。鉄下駄でケイデンス90縛りで色々やったのは、それを続けないとすぐ失速するし加速してもスピードが乗ってこないからだ。100キロを三日連続で走るのは前だったら辛かったが、このホイールを買ってからやってみるとそれが出来てしまう。だらだら乗っても進んでくれるので疲れないのだ。

昔、鉄下駄で一日250キロとか走ったけど、あれは今考えると修行だ。修行だからモチベーションが高い時期が終わるともうやる気が起きない。でも、修行なのは修行というモチベーションにしないと自転車が進んでくれないから自分を騙してやっていたわけだ。でも、実際体が疲れたら面白くない。去年あまり乗らなかったのもそういう面が大きいし、再開した今年だってまだ300キロ乗っていなかったんじゃないか。わずか二週間前に買ったのだが、既に700キロくらいは乗っている。

体が疲れずに自転車の良い所だけ体感したほうが面白いに決まっている。そして、このホイールはそれを可能にしてくれた。

SPD-SL クリート黄・青・赤 全部経験した結論

前回青クリートの感想というエントリを書いたので、ご参考。

今回のエントリ、結論から言うと、なるべく早い時点で黄クリートを捨てるという選択をするのが望ましい。足に負担がかかるとか痛いのなら仕方が無いが。

シマノ クリートセット SM-SH10 SPD-SLクリート 固定モード レッド 35497
シマノ(SHIMANO)
2011-12-08


赤クリートというと膝や足に悪いという印象がある。僕もそれで敬遠していたので、最初のクリート買い替えは青で、青でいけるなら赤でもいけるのではと思ったので今回赤にした。何百キロか走った結論だが、最初からこれにすればよかった。当初微調整が必要だが、そんなのは数十キロ走りながら試していけば良いだけだ。可動が少ないだけダイレクトに力が加わるのを実感できると思う。特に登りで踏んでる時に、クリートがグニグニ左右に動かないのが良い。もう青はともかく黄色に戻るのは不可能だ。

最初クリートを選択する時に黄色を選択する人が多いと思う。まだ走り方もわかっていないので足を痛める可能性もあるだろうから仕方が無い。でも早い段階で青や赤を経験すべきだ。次の交換時も惰性で黄色を買ってしまうのはもったいなさ過ぎる。黄色は足に問題が無ければ、とっとと卒業すべきクリートだと思う。

今年初中津川

毎度おなじみ誰も見ていない不人気カテゴリー。今年初の中津川、というかロングライド自体ことし始めてかな。何ヶ月もマトモに乗っていないと中津川程度でも疲れる。3/11に行った。今回は普通に国道19を通って行った。昼過ぎに起きて、到着は夕方5時過ぎだった。

きなあた瑞浪で、野菜が安かったので買った。山奥まで行ってやる行動じゃないね。
IMG_20180311_144157
これもきなあた瑞浪。一つ200円とか高すぎじゃないか?買う奴居るのか?

IMG_20180311_165724
中津川の三菱電機工場横で撮った。頂上にまだ雪が残っている。中津川は寒いんだね。

中津川駅のみやげものセンターで何か買おうと思ったが結局買わなかった。のどが異様に渇いていたのでド高いトマトジュースとか梅ジュースとかに目が行ったが、所詮ジュースはジュース。で、いのしし肉やら鹿肉なんてのもあって買おうと思ったが大和煮になっているのでそれでは特徴がわかりにくかろうと思って買わず。他に目に付いたもの、、、、凍み大根が300円で売っていて買おうと思ったが、やめた。あと、きのこくらいかなぁ。


IMG_20180311_175742

いつものモツ焼き屋で一杯。年に数回いくので店主には覚えられている。この日は朝、昼食わずに行ったのでかなり飢えていて、いきなりご飯を平らげた。モツ焼き食べる時はご飯あまり食べないんだけどね。店主によるとこの日から数えて数日前の時点でも氷点下だったらしい。やっぱり夜の中津川は寒いね。

そして輪行でお帰り。夜の中津川は寒いと書いたが、帰ってくると愛知も寒い。日曜日は普通に寒かったようだ。

山羊汁 黒糖生姜パウダー



大須の沖縄食品屋で買ってきた。店員にどんな味かと聞くと「獣臭い、クセがある」といわれるのみで、あまり味について説明されなかった。1200円超で高いのだが、とりあえず買ってみた。中身はどろどろした汁を想像したけど、色の薄いサラッとした汁に、どの部位かわからない山羊肉のごった煮。飲んでみると滅茶苦茶臭いとかそういうのではなく、後からくるちょっとした臭さ。苦手な人はかえって苦手かもしれないね。肉に付属するナンコツ部分も砂をかんでるような食感で、これも多分受けが悪いだろう。1200円は高い。最近変った食品があると買うことにしている。もっとクセが強いとかまずいとかなら記憶に残るのだが、こういう少々不愉快な程度のまずさでは記憶に残らなそうだ。

黒糖生姜パウダーは試飲して、気に入ったので買った。気に入ったので特に感想なし。

最近のセレブ飯 自家製干し肉等

・もみじの煮っ転がし
煮っ転がしと呼んでいいのか知らんが、作り方はそんな感じ。もみじは鳥の足のことで、100g 20円くらいで買えるのでお手軽。まずはもみじを30分圧力鍋で煮る。煮た汁ごと普通のなべに移して、野菜等を放り込み煮汁を蒸発させる。どこまで蒸発させるかは好み。これが酒の肴にぴったり。気に入ったので何日も食べてたら太った。カロリー高そうだモンな。

・干し肉(豚)
なるべく脂身の無い豚肉を買ってくる。醤油と酒とともにジップロック等に放り込み、一日放置。時々揉みこむ。翌日、表面を熱湯で一瞬茹でて菌を殺し、薄切りにして干す。100円ショップの干し網で十分。モチロン豚なので、干し肉とは言え火を通すこと。

書くことが無いからそれだけ。

アルコール9%のビール

エッティンガー スーパーストロング 8.9%


うん、うまくない。ウイスキーをストレートで飲む人間なので濃いのは気にならないが、やはりビールは5%くらいが旨い。
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ