5月末あたりから休日はサイクリングに行っている。とりあえず往復30キロほど走るようにした後、少々無理な長距離化を図り、それがエスカレートしている。そういった専用の高い自転車ならばそれも良いのだが、二年前に楽天で一万で買ったパチクロスバイクなので色々と無理があるかもしれない。

一日あたりの距離は30キロ→40キロ→60キロ→125キロというようにハイペースで伸びている。125キロ走ったのは今日で、曇っていたのが幸いしたかもしれない。サイコンの表示は以下

走行時間:5:30:17
平均速度:22.9
最高速度:40.7
走行距離:126.46

 安物なので速度は大して出ない。平地で一生懸命漕いでも45キロは出ないものなので、30キロ後半で巡航すると非常に疲れ、長持ちしない。多分車体が20キロ程度と重いせいもあって、坂道では相当速度が落ちる。長くのるコツはペースを守ることだ。平地では30キロ程度にとどめる、登りでは必ずギアを落として速くても25キロ程度にとどめる。ただ、だらだらしてしまうのも問題なので、最低速度も決める。平地では25キロ坂道では20キロとしてそれを割らないようにする。このようにペース配分さえ出来れば長距離も結構楽に走れる。そういった意味で100キロ走るならサイコンは必須だろう。

上記5:30とあるが、これは乗っている時間であって実際はそれよりも一時間ほど多い。 疲労云々の前に絶対的に時間が足りなすぎて、この自転車では朝早く出ない限り150キロあたりが限界点だと思われる。車体の重さとギア6段というのがネックになっているのだろう。ちゃんとしたものを買ってもいいのだが、今あるものが壊れていないのに買う必要がないといういうことで「まぁいいか」という状態だ。

長距離走ってみるとこれはなかなかいい趣味だと言える。特に金もかけずに一日つぶせるし、健康にも悪くない(125キロ乗るのが健康に良いのかどうか疑問だが・・・・)ペダルの漕ぎ方や姿勢などから以前よりも楽に乗れるようになり、日々レベルアップを実感できる。今度は泊まり前提で、往復300キロあたりの場所を目指してみようと思う。