2016年02月

(たんけんぼくのまち風地図追加)戸越峠~矢作

先週乗らないと言ったけど、やっぱり乗ってしまった。今日は趣向を変えて一生懸命走ることにした。戸越峠を平均時速15キロで走ろうと思ったが、途中で息切れ。足が売り切れになるのはまずいので速度を落とした。

CIMG4831
戸越峠のてっぺん。峠といわれるものでも、何の境界にもなっていない場所も多い。ここはきれいに豊田と瀬戸の境界になっている。

続きを読む

戸越峠~土岐柿野経由国道363号

最初は戸越峠経由で矢作ダムに行くつもりだった。

戸越峠は以前越えたときよりも格段に楽になっていた。坂になれたというのもあるが、多分装備の問題。SPDをSPD-SLにしたし、スプロケットをギアの大きいものに変えたし、タイヤもコンチネンタルの高いやつに変えた。その後、毎度のことだが道に迷った。具体的には国道419号の途中で県道354に入りたかったのだが、その道を間違えた。間違えたというより通り過ぎたと思ってあきらめてしまった。三叉路だとメモしてきたので、直角な曲がり道をスルーしてきたわけだが、いつまで経っても三叉路が出てこない。時間も押していたのでこれは通り過ぎてしまったと土岐方面へ向かい帰路に着いたのだが、帰ってから地図を見たらもう少しで354線の場所であり、まだ到達していなかった・・・・・
続きを読む

2ヶ月ぶりの自転車-坂は敵ではない、本当の敵は

最近寒いので乗っていなかったという理由もあるが、どちらかというと去年秋の高山の後、行きたい場所が無くて飽きてしまったという面が強い。行きたいが行けない場所があるというのが正しい。その後あまり乗らず、寒くなった12月からロードに乗っていない。自転車って猛烈に乗りたい時期と飽きる時期が交互にやってきて、飽きている期間はいわゆる充電期間なのだろう。乗らない時期は単に衰えているだけなので充電というのはおかしいかもしれないが。

僕にとって自転車といったら登り坂だ。平地しかない道は好きでないし、登りきって帰りの下り一辺倒の道もそれほど楽しくない。何故だかはわからないが。続きを読む

OperaのスピードダイヤルをChromeのSpeed dial2に移植

Opera中国企業に身売り

朝9時ごろ記事を読んで、Operaからの決別を決意した。中国企業のモラルというものがまったく信用できないからだ。しかしながら、スピードダイヤルはすでに300を軽く超えている。これが10種類にカテゴリわけされているので、これを手動で移すのは苦痛すぎる。というわけでプログラムで何とかした。

1.ファイルの準備
まずは AppData\Roaming\Opera Software\Opera Stableからbookmarksというファイルをどこかにコピー
そこからスピードダイヤルにかかわる部分だけを切り取って、他のファイルに保存 (2のソース内で使うbookmark.txtがこれ)

又、Speed dial2からエキスポートしたファイルも用意。幾つかカテゴリを作って色々追加しておくこと。(ヘッダ部分などを使うため)

2.プログラムで切り出し


#! coding: Shift_JIS
f = open('bookmark.txt')
data1 = f.read() 
f.close()

 
lines1 = data1.split('\n') 

idparent = 0
idchild = 15

for line in lines1:
    if not "\"type\"" in line:
        if "\"name\"" in line:
            if not "フォルダ" in line:
                print('\"' + str(idparent) + '\"' + ": {")
                print('\"id\":' + str(idchild) + ",")
                s = line
                if "\"name\": \"\"" in s:
                    s = "\"name\": \"a\":"
                s = s.replace('name','title')
                print(s)
            
        elif "\"url\"" in line:
            idchild = idchild + 1
            idparent = idparent+ 1
            print(line + ",")
            print('\"thumbnail\":\"\",')
            print('\"ts_created\":' + str(idparent) + ",")
            print('\"visits\": 0,')
            print('\"visits_morning\": 0,')            
            print('\"visits_afternoon\": 0,')
            print('\"visits_evening\": 0,')            
            print('\"visits_night\": 0,')
            print('\"position\": 999,')
            print('\"idgroup\": 1' + "},")            

print("END")
自分さえわかれば良いので非常に雑なプログラムだ。Python3を入れたので、2との違いが大きく最初かなり迷った。文字列のところの書き方はこれが一番良いのかどうか知らん。何時間もかけたくないし、動いたから良い。

3.出力ファイルをくっつけて編集
Speed dial2のヘッダ・フッタ部分と2で出力したファイルをくっつける。カテゴリなどを編集する。カテゴリわけ等手動での作業も結構ある。


最後に注意点
・"expected {" とかJSONエラーが出るけど、大概どこかで"{"が変なネストになっている。どうしてそうなるか面倒なので調べていない目で追って適当に修正すべし。
・プログラム上でtitleが空文字の場合にはなにか入れるようにしてあるが、インポートされない場合はtitle空文字を疑うこと。これがわからずハマッタ。
・とりあえず二時間程度でやってみたレベルなのでまねしてうまくいかなくても、苦情をいわないことww質問には答えないでもない

自動更新された場合に何をされるかわからないのでOpera自体をアンインストールした。10年くらい使ってた気がするが二時間の作業でお別れだな。

しょぼい初工作、スタンドルーペ、ピンそろった、IC抜き工具購入レビューそして、ライトついてますか?


CIMG4828
CIMG4829

ものすごくショボイ工作なんだけど、Pickit3からPICに書き込むときに、配線するのが面倒なので作ってみた。当面F1827しか使わないのでこれでよくて、基盤のスペースは空いているので他のPIC用に作ってもよいだろう。導線の半田付けの仕方を知らずにテキトーにつけたので、すぐにはがれそう。先にメッキしないとだめなのね。続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ