朝6時前に出発して師崎行ってきた。過去三回行ったのだが、一回目は一万円のクロスバイク、二回目は3万円のすこしマシなだけのクロスバイク、三回目はロードを買ってフラットペダルに普段着で行っているので、本格的に行くのは初めてということになる。又、今回は青クリートのテストという意味もある。こちらの感想は別記事で。三回とも何か悪い感じで終わっているのだが、今回もかなりひどい状態になった。

この時期の朝は気持ちが良い。武豊までなんの問題も無く進めた。このまま行くと9時前に師崎についてしまいそうなので、武豊港に寄った。と言っても何も無いのだが。
DSCN0030
この何と無しに寄った武豊港から調子が変になる。まず武豊港でくしゃみが止まらなくなる。その後、目が充血して涙が出るし、鼻水が止まらないし、顔のところどころが腫れてきて猛烈にかゆい。何か食べたとかそういうことがあるなら分かるのだが、朝食はとってないし、武豊港までで口にしたのは水くらいなものだ。武豊港の釣り人が何かアレルギー物質を撒いていたとしか思えない急変ぶり。
大井漁港では、祭りっぽいのがやっていた。観光客向けだけでなく地元の人も来るのだろう、たこ焼きやら五平餅やら知多に関係ないものもあった。
DSCN0031

ここであら汁を食べた。200円なので悪くなかろう。
DSCN0032
やっぱり涙も鼻水もとまらない。鼻も目もかゆいし、顔中がなにかぼこぼこしていてこちらもかゆい。すごく調子よかったのに、武豊でのくしゃみ以降何でいきなりこんなことになるのはさっぱり分からない。一応師崎港にも寄る。師崎港では、トイレで顔を洗ったり鼻をかんだりかなりつらい状態でどうしようかと思った。河和あたりから電車で帰ろうと思ったが、豊浜漁港で飯を食べたいので我慢して進んだ。漁港で顔を洗って入った店のおしぼりで目を押さえると少し回復した。


バカ貝(あおやぎ)600円
DSCN0033
甘みがあって、かすかに磯の香りがしておいしかった。

海鮮丼 1100円
DSCN0035
街中のものとちがって生臭さが微塵も無く、こちらもおいしかった。

車えびの踊り 二匹で600円
DSCN0036
こちらは見ての通り、生きた車えびを自分でばらすというもの。最近この方式で食べたことがない。首を引きちぎると、猛烈に痙攣し始めるので、かなりスプラッタ。まぁ普通に食ったけど。漁港ではたこの頭の珍味(100円×2)と、干した蛸(850円)、そしてこのわた(1500円)を買った。このわた1500円というのは安く感じる。帰って食べたら味もわるくなかったし。

帰りは知多半島西側の海岸沿いを走ったわけだが、追い風ですごく走りやすかった。3回目の師崎は冬で向かい風だったから地獄だったことを考えると非常に快適。でも目も鼻も不快な状態なのでプラマイゼロ。

DSCN0037
以前も撮った野間灯台、今日は砂浜に下りてみた。

DSCN0038
海にも少し入ってみた。レーパンべちゃべちゃになった。夏はここまで自転車で来て泳いでから帰るのも楽しいかもしれない。ジャージの上を脱いで軽く泳ごうと思ったが、貴重品を置く場所が無いのであきらめた。

DSCN0044
新舞子の風力発電。こういうの好きだな。

さて、このように海岸線を快適に走れたわけだが、知多・東海あたりでどんどん飽きてきた。鼻と目の調子も劇的に改善してくれるわけではない。つらくなったので高横須賀という駅から輪行して帰った。過去三回はなんだかんだ言っても家まで完走したわけだが、今回はギブアップ。

DSCN0045
聚楽園の大仏

DSCN0046
普通の横すわり電車なのだが、空いていることをいいことにビールを飲む。豊浜で買った蛸の珍味が肴だ。つまみが二パックだったので二本飲んだ。体調のつらさを紛らわすためだから仕方がない。

サイコンは輪行時にリセットされたので距離が不明。多分130キロくらい。平地ばかりなので中津川に行くよりも楽なのだが、変なアレルギー状態になってかなりきつかった。体調の問題もあるけど、最近完走したいとかより遠くまで走りたいと思わなくなった。そもそも家から行かなくても河和まで電車で行って、海岸線の走りたいところだけ走り、新舞子越えたあたりで駅を探して帰るという構想を選んだほうが、長距離ライドに飽きてきた今の自分にあっているかも知れない。これだと大きめのリュックを持って行っても良いので色々買えるし、服装も普段着で良い上、日の入りまでに近くの駅に行けばいいから観光に注力できる。次はそうするか。電車賃だけで3000円くらいかかるが。