ズゴッグ
DSCN0051[1]

シャア専用の部品が傷つきすぎたので普通のズゴッグを買ったことを書いたが、結局普通のズゴッグを破壊するハメになって、シャア専用の部品を流用することになった。手足を見てくれると分かるかもしれないけど、合わせ目は黒い瞬間接着剤で消している。で、これがすごい手間。硬いから中々削れない。へとへとになって胴体部分も削ろうと思ったのだが、腰の部分が細くてヤスリがやりにくい。そして、あきらめた。

結論を言うと、黒い瞬間接着剤をちょっとした補修に使うなら良いが、合わせ目消しとして常用するとかなり大変ということ。ラッカーパテの方が何十倍も楽。ただ、ラッカーパテは時間がかかりすぎるので、光硬化パテを購入することにした。まだまだ長引きそうな製作。どうなるか。

さて、買ったものの話ね。僕の家は田舎にあるので、塗料やツールを安く買うには小牧か大須のJoshinに行くしかなかった。が、たまたま寄ったエディオンはプラモこそ少ないが、l塗料とツールがJoshinと遜色ない値段で買える。うれしくなって、前から買おうと思っていたデザインナイフの上位版を購入


丸刃が欲しかったんだよね。使ってみると、丸刃は使いやすい。丸いので、削る時に少しの部分しか当たらないのが良い。タミヤのデザインナイフを普段使いとして、これはしばらく丸刃専用として使おう。

ついでにガンプラももう一つ買った


丸っこいのが好きなのと、箱の大きさの割りに安かったこと、そして「ガンダム」と付いているので主人公に近い位置に居るマシンなんだろうと勝手に考えて購入。説明書読んでみると、パイロットがおねぇ言葉で喋る外道っぽいやつで、多分パイロットが変態なので安いのだろうと思った。値段は600円だった。

すこし作ってみたけど、最近のガンプラはすごいね。はめ込むだけで作れるようになっているし、塗装しなくてもある程度見えるようになってるし、部品もすごくぴったり合う。今作っているズゴッグからの進化ぶりと言ったら。ファルケを作る前にこれを作って塗装しようと思う。