連合赤軍一連の事件について書いた漫画。連合赤軍というとあさま山荘が有名だが、どちらかというと山岳ベース事件の方が猟奇的だろう。何か分からない人は、画像検索でもしてみると良い。一応説明しよう。赤軍派と革命左派という共産主義化過激派がお互いに破滅しかかった末、野合したのが連合赤軍だ。その野合の初期は単なる赤軍派と革命左派の主導権争いでお互いの構成員を交互に殺していったが、最終的に閉鎖環境で自分が次の標的になるという疑心暗鬼から暴走が加速した、というところか。要はわけがわからなくなったんだろう。まぁーそれは結構どうでもよい。

この漫画4巻くらいまで買い、その後一応の最終巻である8巻まではブックオフで仕事帰りに立ち読みした。正直何の感想も無い。この漫画を評価できるかは、山岳ベース事件をどう捉えているかによると思っている。これを大きな社会事件と考え、内ゲバリンチで殺された人に感情移入できる人にとってはそれなりに意義がある漫画なのだろう。しかし、この事件の意義って何なのだろうか?僕にはよくわからないのだ。左翼活動に止めを刺した大事件のように語られているが、全然そうは思えない。そもそもあの時代、左翼というのは共産化の活動だったわけで、高度成長期にはもはや多くの人間にそっぽを向かれていた活動だ。現在のいわゆる「サヨク」とはちょっと違ったものだと思っている。だから別に山岳ベース事件があろうが無かろうがその衰退には関係ない。確かに死者を10人以上出したという意味では凶悪な事件だが、別に歴史的な意義があるとも思えない。要は、オウム事件と同じで狂信的な集団が起こした事件以上のものではない。関係者が勝手に持ち上げているようにしか思えないのだ。

赤軍派の遠山という女性がリンチで殺された話が悲劇として語り継がれているものが多い。大槻という革命左派の女性が美人だというかそういう文脈も入り、悲劇性を嵩上げしているように見える。が、彼女らも普通に射撃訓練をしていたので内ゲバで死ななければ銃を撃っていただろうし、珍妙な理論で爆弾を忌避していたが爆弾だって投げたかもしれない。山岳ベースという閉鎖された状況が起こしたといわれているが、殺された彼女彼らはそれ以前に嘗ての仲間を殺害しているわけだ。彼ら彼女らが生き残っていたら関係ない人が何人死んだかわからない。勝手に自滅してくれて良かったとさえ思っている。そう、だからその死に何の感情も涌いてこないのだ。

何か衝撃的な事件があると歴史的・社会的な意義を探す傾向にあるのかもしれないが、必ずしもそういった意義があるわけではない事件も多いと思う。やたら大上段で語られている連合赤軍事件だが、まさにそういう事件だったのではないだろうか。