例によって合戦なしの縛りプレイ。
信長包囲網はいかに早急に織田を潰すかだと思う。北条でそれが難しいのは武田と上杉が停戦中で邪魔というのもあるが、そもそも武田上杉を潰しても結局その頃には兵農分離というクソシステムのせいで、兵力差が異常になる。

というわけで、武田の方が織田に近いだけ楽だとおもってやってみた。

・改修・建設・開発の方針
とにかく時間が無い。兵糧が不足しがちなので兵糧を売って金を得ることはできない。というわけで内政はあまり充実したことが出来ない。あと、武田の支配地は鉱山が複数あるので、巡察で鉱山を見つけることは必須。

・序盤
とにかく遠江・三河の一部をとっとと落として徳川を弱体化しておく。このゲーム、合戦なしだと一点突破は無理。複数ルートから攻めるため、岩村苗木方面と三河方面の侵入路を確保しておく必要がある。飛騨からも侵入したいが、今回は明らかに間に合わなかった。このあたり運も左右すると思う。

・中盤
信玄が死ぬ。戦国伝の西上作戦は合戦なしだと絶対無理なのであきらめる。北条、上杉とは同盟。このあたりで、朝倉がどれだけ頑張ってくれるかというのがあるのだが、今回は簡単に滅びた。以前北条でやったときに比べて明らかに運が悪いと思う。美濃東半分と三河を制圧した時点で既に兵力で負けていて、しかも兵農分離直前

・終盤
結局、全力で那古屋、清洲、郡上八幡まで落とすも、その後兵農分離で増えまくった物量で押してくる。停戦を使うと停戦中にさらに兵力差が広がって絶望的。兵糧も足りない。


・結論
運が悪すぎた。朝倉即滅びすぎ。CPUはあまり遠くから出陣してこないので、織田と同盟を結んで、東北まで全部取って、はるばる遠征しまくれば勝てるってのがあったが本当なのかこれ?兵農分離というシステムがある限り、兵力差がどんどん広がるので徒労に終わる気がしてならない。第一ゲームが面倒で時間がかかりすぎる。合戦無し超級だと、北条よりは芽がある思ったのだが、国力が低いのでそうでもない感じか。