いろいろレビュー

丸亀製麺 あさりうどん

わるくないが、某サイトにあったように激ウマというほどではない。あさりスープとうどんは相性がわるいと思う。あさりスープである以上最後まで飲みたいので薄塩にして欲しいが、うどんと食べる以上塩分が必要で、外食だから特に濃くなりがちだ。結局、飲む汁としては塩辛すぎるものとなる。

ただ、600円足らずであのあさりたっぷりの外観は中々のものだし、 あさりの味がするので値段程度の価値はあるだろう。結論として言えば、値段相応であり人に勧めるほどのものではなかった。ネットの評判なんてこんなものだろう。

ヤシの新芽を食べる シェフ ウェスト パルミット

趣味というのは二種類の楽しみ方がある。一つは肉体なり精神なりを集中させて消耗する趣味。ロードバイクで坂道を登ったり200キロ走ったりするのがこれに当たる。もう一つは癒しを求めてだらだらする趣味。クロスバイクで速度を出さずにぼけーっと走るのがこれにあたる。時には後者のような楽しみ方も必要だろう。というわけで、クロスバイクでだらだらと豊田まで往復した。

何か面白いものを求めて新豊田にある松坂屋の食品売り場をまわったが、これというものがない。すこしウロウロしてから、ブラジル食料品店に入った。豊田は保見団地があるのでブラジル食料品というのは需要があるのだろう。以前保見団地内のスーパーに入ったときもインカコーラや文字が読めないのでなんだか分からない肉や洗剤が売られていて面白かったのを思い出す。今回はこれを買った。



歯ごたえの無いたけのこ、というか何というか、要はそれほど印象に残る食感ではない。問題はクエン酸がきつすぎてものすごくすっぱい。そのすっぱさも純粋に科学的な酸っぱさで、かなり不快に感じた。全部食べ切れなかった。珍しい上おいしいものというものはなかなかないものだ。

Vivaldi使うのやめた

Vivaldiでchrome拡張のSpeed dial2を使う。その他拡張も使う

以前こんなことを書いたのだが、結局使うのをやめてしまった。自分のところのマシンだけかもしれないし、見ているページによるかもしれないから本質的にどうかは分からないが、消費メモリが異常に増えることがある。それだけなら良いのだが、ほとんど固まったような動きになってしまったり、テキスト入力をする時に削除キーで一文字削除が出来ず文章全部が消えたり、と挙動が怪しい。youtubeのタブをアクティブにすると、勝手に再生しだすのも嫌だ。 

というわけで、未来の進化に期待しつつ今はchromeに戻すことにする。

リステリントータルケア ゼロ 従来品との違い







リステリンを常用している。電動歯ブラシを使っているので、液体歯磨き+αの性能を重宝している。で、いままでトータルケアを使っていたが、これは辛(カラ)すぎる。刺激がつよすぎて結構辛い。で、低刺激のトータルケアゼロを買ってみた。リステリン自体これからも使い続けるだろうから、アマゾンで1000ml×2を買おうと思ったが、念のため近所の薬局で500mlのを買った。もしも自分に合わないなら従来品にもどせるように少ないのを買ったのだ。

で、二日ほど使ってみたが、目茶目茶渋い。その渋さは使った後も続いて不快で、これならば刺激の強い従来品の方が良いと思った。人それぞれだけど、ほうれん草を食べた時の口の中のガサガサ感が嫌いな人は、ゼロを使わずに従来品にしたほうが良い。買った以上使い切るが、自分にとっては合わない製品だった。


アスベル 密閉プッシュペール20L 「エバン」 部屋用にこそ大きい密閉式ゴミ箱がつかいやすい



コバエが鬱陶しい季節になってきた。台所のゴミ箱を変えてみようと思い購入した。台所で使ってみると快適ではあるが、やはり悪臭や虫がわくことに変わりはない。最近生ゴミは毎回スーパーの買い物袋に密閉して大きいゴミ袋に捨てているが、一回一回の量が少ない独身としてはそれに勝る対策はないようだ。というわけで台所での使用という本来の用途では使わなくなった。

今は部屋用として使っている。そして、これが実に使いやすい。生ゴミというほどのものではないが、水菓子の包装とか匂いの元になるものを捨てる場合に重宝する。台所の生ゴミとしては密閉性があっても限界があるが、部屋用としては完璧なレベルとなる。又20リットルというのは台所で考えるとそれほど大きいものではないが、部屋用としてはかなり大きいので使いやすい。少し前まで使っていたゴミ箱は、大きなゴミを捨てるとすぐに一杯になってしまい面倒くさかった。以前まで部屋のゴミ箱に大きいものを使うという発想が無かったのだが、使ってみるとその便利さが分かる。おすすめだ。なお、中の袋はバローの大きい買い物袋がぴったりあう。

青クリートの感想


SPD-SLにしてから半年ちょっとか、黄色クリートの消耗が激しいので買うことにした。黄色クリートは可動域が大きいので調整が楽なのだろうが、坂道を一生懸命こいでいるときにグニグニ横に動くのが嫌だった。というわけで、試しに青クリートを買ってみた。色々調べて購入したのだが、レビューを見てみると、当初は感動しているがそのうち膝をこわして黄色クリートにもどす人が結構居ることに気付いた。大概ダンシングがやりやすいという書き方がされているので、かなり全力で走るような使用方法だったのかもしれない。僕のようなのんびりロングライドではそれほど問題はないだろうと予想した。

このクリートでは200キロほど走った。サンプルは、坂が続く中津川行きと、一昨日の平地が多い師崎だ。結論を言うと、非常に良いと思う。最初は足首の固定感がかなりのもので大丈夫かと思ったが、実際はそれなりに可動域があるので問題はない。又、ダンシングをするなら当然ダイレクトに力が伝わるので良いのは分かるのだが、僕のようにケイデンス100程度で足に負荷をかけず走るタイプにもお勧めだ。ペダルを回しているときに力の無駄がなく、安定度が高いと思われる。特に足に痛みを感じないので、僕程度の乗り方なら懸念された膝への問題は無いと思う。

黄色のクリートを常用している人で、ロングライド中心ならば、一度は使って欲しい商品だ。

ソシアックα アルコール検知器実測レビュー




 これを買った。今まで車に乗っていなかったが免許を再取得したら車でも買おうと思うので、親と自分のために買った。最初はエラーばかり出た。マウスピースを付けるとエラーが出ないので、吹き込む力が足りないかと思ったが、説明書には「窓ガラスを曇らせる感じで」と書いてあったので弱めに吹いて、反応しないから製造元に電話した。結局は、ある程度強めに吐かないとだめみたいだ。まぁそれはいい。又、マウスピースが付属しているが、マウスピースがあると数値に誤差が出ると書いてある。マウスピースを使わないのが正解なのだが、なぜマウスピースが付属しているのか?風が吹いているような不安定な場所での使用を想定しているらしい。マウスピースをつけると、強めに吹込みがちなこともあって高めに数値が出るらしい。使用の前にはうがいをして各3回測定することとする
続きを読む

Vivaldiでchrome拡張のSpeed dial2を使う。その他拡張も使う

以前書いた

OperaのスピードダイヤルをChromeのSpeed dial2に移植

の通り、Operaをやめてchrome+speed dial2である程度快適に過ごせていたが、やはり気になるのはchromeの重さ。拡張は重たいのでアドブロック系とspeed dial2そしてマウスジェスチャのみにしているが、それでも重たい。イライラはするが、Operaに戻そうにもセキュリティー上の観点から、中国企業に買われたOperaをマシンに入れるのはやりたくない。Core2 Quad Q8400メモリ4Gという古めのマシンで、新調すればいいのだが、愛知県下ナンバーワンケチを目指す身としては買い替えなんてとんでもない。

というわけでVivaldiを使うことにした。個人的にだが、Vivaldi固有のSpeed dialはOperaよりも使いにくい。そして、speed dial2から移植する術が無いなので、そもそも選択肢に入らない。というわけでVivaldiでSpeed dial2をまずは使えるようにしたいのだが、speed dial2を入れてタブを+ボタンで新規に開いても、vivaldi固有のSpeed dialが開いてしまう。というわけでこれを乗っ取る方法が必要だ。別に自分で考えたわけではなく、ぐぐったら英語の掲示板がみつかったのでここを読んだだけ。読むのが面倒な人のために手順を書こう

1.Speed dial2のIDをメモする
左上のメニューから、ツール→拡張機能を開き、Speed dial2のオプションをクリック
アドレスバーに、xxxxxxxxxxx/options.htmlというのがあると思うが、その/options.html前までのxxxxxxxxxxxxxがこの拡張のIDなのでどこかにコピーしておく。

2.bundle.jsを編集
bundle.jsというファイルを探す。現状は、インストールフォルダ以下の、
AppData\Local\Vivaldi\Application\1.1.111.11\resources\vivaldi
という場所にあるようだ。1.1.111.11というのはバージョンの番号でbundle.jsはバージョンごとに存在する。だから最新のバージョンのbundle.jsを探すこと。
で、bundle.jsを開いて

chrome-extension://mpognobbkildjkofajifpdfhcoklimli/components/startpage/startpage.html
という文字列を検索し

chrome-extension://xxxxxxxxxxxxxxxxxxx/newtab.html
という文字列と置き換える。xxxxxxxxxxxxxxxの部分は1でメモしたID
多分バージョンアップするたびに、bundle.jsを書き換えることが必要になると思うので、一発置換バッチでも作っておくと便利だろう。後は、speed dial2の設定インポートするだけ。

その他入れたのはadblock系とマウスジェスチャだけ。マウスジェスチャ系を入れる場合に、うまくうごかないならば、vivaldi自体のマウスジェスチャを無効にすると動くかもしれない。ツール→設定のマウスのところでチェックボックスを外すだけ。又、ページによるかもしれないが、テキストボックスに入力している途中で一文字訂正しようとして、バックスペースを押すと画面が戻ってしまうというのがあった。バックスペースキーをキーボード設定で殺したほうが良い。ポイントはこんなものか。

・使い心地

軽い。chromeを起動することがなくなった。が、やはりchromeよりも不便なところはある。

chromium系なだけでchromeではないのでchrome拡張機能が完全に使えるわけではない。お気に入りのマウスジェスチャが使えなかった。前述の通りデフォルトのマウスジェスチャを殺さないと駄目なので、早送り等のvivaldi独特の機能についてマウスジェスチャが使えない。最も使い心地が悪いのは、アドレスバーで検索するときに検索候補を出してくれないこと。例えば、chromeなら「aiti tenki」とか打つと、愛知 天気というのが即座にプルダウンで表示されるが、それがない。

そういう欠点もあるが、軽いブラウザが好きな人にはお勧めしたい。

鮭皮チップ




 近所の酒ディスカウントで398円。鮭の皮を揚げたもの。口に入れると鮭のにおいがして、口で溶けて鮭の皮だけが残るというもの。うまいといえばうまいが398円は高い。


 

同じ店で購入。こちらは798円。酒の肴として高い部類だが、残念ながら別においしくない。ジャンキーな作りの割には味にインパクトが無く、どういった層を狙ったものかよくわからない。

これらの肴をどう感じるかは鮭の好き嫌いもあるかもしれない。すし屋でサーモンを注文する人は好きだとかそういうのはあるかも。個人的に鮭は塩鮭でワサビを利かせた茶漬けが一番好きで、それ以外はやっぱり駄目だ。最購入はナシだな。

ホタルイカの沖漬けはうまかったが、これはレビューする必要がないだろう。

トラックボールM570tの3ヶ月使用レビュー

以前書いた記事から5ヶ月ほどたったので使い慣れた現状での使用感を書きたい。その前に前回からカスタマイズした部分として、wheel ballを使って、トラックボールでスクロール可能にしたことだ。設定は以下


 キャプチャ

これだ正しいかどうか知らないが、とりあえず戻るボタンをスクロール切り替えにした。ちょっとしたスクロール作業だとマウス付属のホイールで済むが、長い文章を読むときなど非常に重宝する。で、以前より使用感が上がったのだが、評価は下がった。
続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ